不動産購入術

不動産購入時 価格交渉する前に知っておきたい事...福岡不動産情報館
不動産購入術 · 16日 4月 2021
今回は、不動産購入時の価格交渉についてお話ししたいと思います。 お客様からよく聞かれる質問で、「不動産は、価格何パーセントぐらい価格交渉出来るものですか?」 例えば、売り物件価格が6480万円のものと2480万円のものだと価格帯が明らかに違います。 もし仮に、物件価格の3%を価格交渉の目安だとした場合、 6480万円の物件の場合は約200万円 2480万円の物件の場合は、約75万円 ということになります。

ヴィンテージ住宅の条件...福岡不動産情報館
不動産購入術 · 15日 4月 2021
築20年から40年の実例と専門家への取材をもとにヴィンテージ住宅の条件の記事をみつけましたのでご紹介いたします。 エコロジーの視点や高齢化社会ライフスタイルの多様化などの影響もあって近年の住宅は長く住める家に対する要望が強くなり、築年数がたっても快適に暮らせ、精神的にも満足できる価値の高い住まいの事をヴィンテージ住宅と呼ぶようです。 自宅が数十年後に”ヴィンテージ”と呼ばれる家になるには、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか。 建てる段階はもちろんのこと、建ててからも住み方が大事になります。

空き巣に狙われない為にも防犯対策は必須です...福岡不動産情報館
不動産購入術 · 14日 4月 2021
警察庁のデータによると、全国での空き巣などを手口とした侵入窃盗は2004年以降は減少傾向に転じているものの、2019年では一日あたり79件発生しており、未だに多くの住宅が被害に遭っています。侵入手口は一戸建住宅でも共同住宅でも無締り(無施錠)が1位となっています。日頃から防犯対策を講じていても、無締りでは意味がありません。侵入手口と侵入方法を知り、窓や出入口は施錠する習慣を持つなど、しっかりと防犯対策を行っていきましょう。

変動金利への抵抗感が薄れている?...福岡不動産情報館
不動産購入術 · 08日 4月 2021
昨今の住宅ローン、低金利に慣れ親しんだ環境が変動金利に対する抵抗感を少なくしています。 住宅金融支援機構の住宅ローン実態調査(住宅ローン利用者調査)によると、利用した金利タイプの内、「変動金利」を利用した割合は、62.9%、「5年以下の短期固定金利」を利用した割合は全体の4.8%という状況です。

新様式の住宅...福岡不動産情報館
不動産購入術 · 05日 4月 2021
コロナ禍による影響で「新しい生活様式」が提唱され、住宅の間取りにも大きく変化しています。 家族が集まる空間にウイルスを持ち込まないために創意工夫がされた住宅を検索して私が良い思ったポイントをまとめてみました。

室温と血圧の関係?!...福岡不動産情報館
不動産購入術 · 03日 4月 2021
近年は高断熱・高気密の住宅が増えています。国土交通省では、断熱性の高い住宅への改修などによる生活空間の温熱環境の改善が、居住者の健康にどのような影響を与えるのかについての調査を実施しています。その調査により、住宅の室内環境が血圧など健康に与える影響について新しい知見が得られつつあります。住まいの温熱環境を工夫して健康で快適に暮らせるようにしましょう。

2021年の不動産市況は高止まり...福岡不動産情報館
不動産購入術 · 01日 4月 2021
お客様から日頃、不動産市況の話をよく質問されますが、今年の不動産市況も落ちる気配は今のところ見当たりません。 その理由は、コロナ禍にも関わらず、土地は金融緩和から潤沢な投資マネーを背景に上昇を続け、都心ではハイグレードな物件が溢れています。 またコロナ禍におけるニューノーマル対応による郊外型の新たな需要増と新規供給が相まって好調な動きを見せています。 新築物件も高い、郊外型に行っても新築は売れまくっている。それにつられて中古も高い水準を維持しています。

お願いですから耐震を軽視しないでください!...福岡不動産情報館
不動産購入術 · 31日 3月 2021
今年も東日本大震災の日がやってきました。 木造住宅の耐震化の取り組みに携わって長いのですが、一向に進まない家屋の耐震化に己の無力さと、次の災害に対する焦りを再認識する大切な日です。 今回は旧耐震をテーマにしたいと思います。

これからの時代は、家を2軒持つことが当たり前になる!?...福岡不動産情報館
不動産購入術 · 25日 3月 2021
コロナの影響で、リモートワーク・テレワークといった働き方が社会的にも一般化してきています。 実際、都心のオフィスビルの空室率が上がっている、という調査結果もあります。 都心のオフィスに出勤する人数が減り、高い賃料を払って広いオフィスを構える必要が減ってきているようです。 それに合わせて、地方でゆったりとした住まいを構えたいというニーズが高まっています。 土地代が安く、快適な居住空間がそのまま執務場所になる、という地方での新しい生活様式が脚光を浴びています。 そこで今般、国土交通省は、「全国二地域居住等促進協議会」の設立を発表しました。 都心と地方での二地域居住の促進普及と気運の向上を図る、といったことが目的とされています。

賃貸は贅沢な選択です...福岡不動産情報館
不動産購入術 · 19日 3月 2021
毎年1月~3月は不動産の繁忙期と言われます。 4月の新年度に向けて住環境の変更が行われやすいためだと言われます。 この時期に住宅系の雑誌を賑わせるテーマは「賃貸VS購入」です。 今回は賃貸は贅沢な選択だ、というお話になります。 私が良く視聴しているビジネス系youtuberが、買ってはいけないものTOP5の中に不動産を挙げていました。 価格が不透明であることと、購入した家に行動が縛られるという主張でした。 確かに一度家を購入してしまうと賃貸のように気軽に住み替えることは難しいです。 職業と居住地は密接な関係があるので、家を買って動けないと、職業選択の可能性を大きく毀損してしまうという意見ももっともに聞こえます。

さらに表示する