不動産購入術

不動産購入術 · 10日 7月 2020
これまでも火災保険の改定は何度もありました... 今回は大きいところでいうと、水災の特約を標準化でセットプランとなる事(マンションは除く)と、今までは新耐震であれば最長10年は加入する事が出来たのが、1999年12月以前の物件は最長2年しか加入する事が出来なくなります。 ゲリラ豪雨があったり、地震も増えてますので、火災保険・地震保険は住宅購入には必須ではありますが、あまりにも高すぎると必要な特約を減らすなどして保険料を抑えなければならなくなり、保険の意味がなくなってしまいます。

不動産購入術 · 07日 7月 2020
一般社団法人日本建築学会は「激甚化する水害への建築分野の取組むべき課題~戸建て住宅を中心として~」と題する提言を公表しました。 これは、建築関連団体や土木分野の関連学協会と連携し、取り組むべき喫緊の課題をまとめたものです。 この提言において、昨今の水災害の激甚化について触れられています。

不動産購入術 · 02日 7月 2020
現在、日本の高齢者世帯の持ち家比率は8割を超えると言われています。そのような状況下で最近、高齢者が住宅の修繕などをおこなう事が出来ないといった問題が発生しているようです。その理由として、住む人が年齢を重ねれば自宅も老朽化し、修繕などで重い費用がのしかかり、その費用の捻出は年金の切り崩し等の問題から、修繕する事を躊躇される方が多いようです。

不動産購入術 · 01日 7月 2020
突然ですが、「地方創生SDGs」を聞いたことはありますか? 「地方創生SDGs」の答えは下記の通りです。 ※不動産購入時には「地方創生SDGs」の考え方をきちんと理解した場所で購入すべきです。 地方創生は、少子高齢化に歯止めをかけ、地域の人口減少と地域経済の縮小を克服し、将来にわたって成長力を確保することを目指しています。 地方が将来にわたって成長力を確保するには、人々が安心して暮らせるような、持続可能なまちづくりと地域活性化が重要です。

不動産購入術 · 29日 6月 2020
土地の形は様々で、正方形、ほぼ正方形、長方形、ほぼ長方形、台形、ほぼ台形、旗竿地、不整形地...といったものがあります。 この中で、広義の不整形地と呼ばれるのが「旗竿地」と「(狭義の)不整形地」です。 「旗竿地」...字のごとく「竿」のような通路部分の奥に「旗」となる宅地分が広がる形状の土地です。 土地面積があっても、間口が狭いため出入りに支障があったり、陽当りや風通しに難のある物件もあります。

不動産購入術 · 26日 6月 2020
戸建て住宅や土地を購入するときには、水道の配管やその埋設状況などについて、しっかりと確認をすることが必要です。 とくに中古住宅や土地の場合には、水道管が何らかの問題を抱えていることも少なくないため、気を付けましょう。

不動産購入術 · 24日 6月 2020
既存住宅売買瑕疵保険シリーズは本日で3回目になります。 今回は瑕疵保険の種類について説明します。 前回少し触れましたが、新築と中古では同じ瑕疵保険という名前でも意味合いが異なるということをご説明しました。 今回は既存住宅売買瑕疵保険の中でも種類があることについて説明いたします。

不動産購入術 · 23日 6月 2020
新型コロナウイルスの影響で、(独)住宅金融支援機構は、お客様コールセンターへの相談件数(2020年2月~5月)が、累計2,265件に達したと発表がされました。 住宅購入をするということは、同時に住宅ローンの支払いをしなければならない方がほとんどかとは思います。 そんな中、新型コロナウイルスの影響で返済に不安を抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか? 実際に、ローン返済の猶予やボーナス返済の取りやめなどの問合せ件数が増えているようですので、世の中が通常に戻るまでは不安がつきものかもしれません。

不動産購入術 · 19日 6月 2020
本日は、自宅の建て替えやリノベーションの計画をされている方ご紹介いたします。 いろいろな雑誌をみていると、そこに間取りの失敗ランキングが掲載されていましたのでご紹介します。 1位…収納 2位…部屋の広さ 3位…庭やバルコニー 4位…明るさ 5位…動線 ...福岡不動産情報館

不動産購入術 · 17日 6月 2020
住宅購入する時に、どこに住むか(エリア)を決めて探し始める方が多いと思います。 では、住む街を選ぶポイントは何があるでしょうか? 一般的なことでいうと、 ①交通利便性 ②生活利便性 ③居住快適性 ④安全性 ⑤資産性 ⑥街の雰囲気 などがあげられるのではないでしょうか? 弊社では資産性の高い住宅購入をお勧めしておりますが、上記の項目が兼ね備えられた街はとても良いと思います。

さらに表示する