インスペクション

インスペクション · 31日 1月 2019
 住宅インスペクションが徐々に普及していますが、「床下点検ロボット」というのはご存じでしょうか? 床下点検ロボットは、人の出入りが難しい狭い場所や、危険な場所などに人の代わりに進入し、すみずみまで調査を行うことが出来るロボットです。福岡不動産情報館エージェントより。

インスペクション · 07日 1月 2019
既存住宅売買瑕疵保険は、構造躯体と雨水の浸入に対する保険制度です。 検査会社が調査を行って、瑕疵保険の検査基準に合格しないと、保険に加入することはできません。福岡不動産情報館エージェントより。

インスペクション · 20日 12月 2018
インスペクションに関する勘違いシリーズです。 今回は「将来に渡って保証するものではない」という点についてご説明いたします。福岡不動産情報館エージェントより。

インスペクション · 14日 12月 2018
インスペクションといっても、無制限に建物全部をくまなく診る訳ではありません。 木造戸建て住宅の場合、構造部の重要な部分は壁の中にあるので、壁・天井・床をすべて解体しないとすべてを診ることができません。 福岡不動産情報館エージェントより。

インスペクション · 05日 12月 2018
今回は「任意」という点についてご説明します。改正宅建業法の施行で勘違いしている宅建業者が多いのですが、建物状況調査は任意です。義務ではありません。福岡不動産情報館エージェントより。

インスペクション · 27日 11月 2018
改正宅建業法による既存住宅状況調査がスタートして半年以上経過します。 他の宅建業者から「インスペクション」というワードがちらほらと聞こえてくるようになりました。 既存住宅状況調査が市場に浸透するのは喜ばしいことなのですが、同時に壮大なボタンの掛け違えを誘発しているような気がしてなりません。福岡不動産情報館エージェントより。

インスペクション · 19日 11月 2018
住宅を新築・増改築する場合には、着工前に建築確認を受けなければなりません。なんとなく聞いたことがあるかと思いますが、意外とその内容を知っている方は少ないので、少し予備知識を知っておきましょう! 福岡不動産情報エージェントより。

インスペクション · 10日 11月 2018
改正宅建業法の施行から半年。 中古取引におけるインスペクションも徐々に当たり前のプロセスになりつつあります。 改正宅建業法におけるインスペクションは建物状況調査と言います。 その名のとおり、建物の状況を調べるものです。福岡不動産情報館エージェントより。

インスペクション · 04日 11月 2018
今回は住宅ローン減税を受けられるための耐震適合証明書や既存住宅売買瑕疵保険付保証明書の発行条件の話です。福岡不動産情報館エージェントより。

インスペクション · 02日 11月 2018
不動産の販売チラシに記載されている面積と不動産の契約書に記載される面積が若干異なっていることがあります。 これは不動産会社が間違ってしまった!わけではありません。 「壁芯」と「内寸」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。福岡不動産情報館エージェントより。

さらに表示する