不動産購入術 · 17日 9月 2020
販売チラシに記載してある「一部未登記」や「地目:山林」といったワードをご覧になったことはあるでしょうか。 物件選びの際にはあまり気にされる方も多くはないと思いますが、これらのワードは実際に物件購入手続きの段階になると、様々な問題が発生する場合があります。

不動産購入術 · 15日 9月 2020
皆さんが、ディスポーザーのついている中古マンションも購入する可能性があると思いますので、私が調べたことをシェアしておきます。 ディスポーザーの寿命はどのぐらい? 交換期間は通常7年から10年が目安です。 かなり長期的に持つ機械です。 ただし、メンテナンスや使用状況によって交換期間は前後してしまいますので注意しましょう

不動産購入術 · 10日 9月 2020
新生活に導入したい次世代ライフスタイルに注目すると通常あるテレビが大画面化しているようです。 自宅で過ごす機会が増えたため、さまざまなエンタテインメントを手軽に迫力の映像で楽しむためのようです。 最近のテレビの高画質化や高機能化が進む一方で、変わらないのが設置に関する問題です。 テレビを置けるスペースは限られていますので、部屋のコーディネートはテレビ中心になりがちです。 最近の若者(私の娘)の考えがどうやら、テレビをおかずにホームプロジェクターをテレビ代わりにする構想を練っていました。

不動産購入術 · 08日 9月 2020
今回は危険負担についてお話しします。 Q:AさんとBさんとの間でAさんの家を3,000万円で売る契約がなされた際、例えば、雷が落ちて、あるいは地震が発生した結果、庫の家が滅失してしまいました。 いずれもAさんBさん(当事者)双方の責任なく家を引き渡せなくなってしまった、というケースです。

不動産購入術 · 02日 9月 2020
先日テレビで紹介していた発泡スチロールの家「ドームハウス」興味がある建物でしたのでご紹介致します。 「ドームハウス」はジャパンドームハウス株式会社の商品で阿蘇ファームランドにはドームハウスに宿泊体験できるようです。 「ドームハウス」は厚さ20cmの特殊発泡ポリスチレンは実に95%が空気なのです。 空気を多く含むことで、保温性・保湿性に優れ、さらに発泡ポリスチレンの独立した気泡が皮膜の役目を果たし、水や湿気をシャットアウトし、外の熱を極めて通し難く、 室内の冷気・暖気を逃がしません。 砂漠や極寒の地でも活躍できる、世界一の断熱性能です。

不動産購入術 · 01日 9月 2020
〇一般的な戸建て住宅で築後30年の建物は修繕費がどれくらい掛かるか?! 現在、日本の高齢者世帯の持ち家比率は8割を超えると言われています。そのような状況下で最近、高齢者が住宅の修繕などをおこなう事が出来ないといった問題が発生しているようです。その理由として、住む人が年齢を重ねれば自宅も老朽化し、修繕などで重い費用がのしかかり、その費用の捻出は年金の切り崩し等の問題から、修繕する事を躊躇される方が多いようです。

不動産購入術 · 28日 8月 2020
7月上旬、熊本県を中心とした記録的な大雨による影響で、球磨川(くまがわ)が氾濫し、八代市(やつしろし)、球磨村(くまむら)、人吉市(ひとよしし)など同県南部は甚大な被害をもたらしました。 水害(河川氾濫)から身を守るためにも、今回は、「浸水深と家屋の関係」そして「避難時の注意点」をお伝えします。 堤防が決壊した時は、浸水深及び浸水区域が一気に増加するため、氾濫した水が集まる低地などの地域では、特に速やかな避難行動が必要です。

不動産購入術 · 24日 8月 2020
最近でもまだ多くのコロナウイルス感染症患者の数が報告されています。 こんな状態ですので、自粛宣言の有無に関わらず、テレワークによる勤務体制を維持されている 企業や個人事業主の方も多いようです。 そして、このテレワークの期間中に、自宅のリフォームや購入を検討された方も多いのではないでしょうか? 在宅勤務・テレワークをきっかけに住宅購入・リフォームを検討したいとする人が4割以上に上った、という調査もあるようです。 実際にテレワークをしてみると、「必要なワークスペースが確保できない」、「家族がいて業務に集中できない」、といった不満があるようです。

不動産購入術 · 21日 8月 2020
今回は基本的な基礎である「ベタ基礎」と「布基礎」の違いについて解説します。 住宅における「基礎」とは? 違いを比較する前に、そもそも家の「基礎」とは何かについて説明します。 基礎というのは、住宅の重要な部分です。建てた家からかかる重さを、地面に均等に伝えるために基礎は存在しています。この基礎がしっかりしていないと、後々家が傾いてしまうなど深刻な事態に陥ってしまうリスクがあります。

不動産購入術 · 20日 8月 2020
快適で機能的なスペースレイアウトには、自分のイメージに合い正しいゾーニングで ヒューマンスケールに基づく機能的な動線計画ができ、 採光、通風のよい開口の位置とその形態が重要なポイントとなります。 ※ゾーニングとは類似用途や機能的関連が強いスペース同士を近接集合させて機能的で無駄が無いように、いくつかグループに区別すること) 快適で機能的なスペースレイアウトには開口の位置が大きな比重を占めます。福岡不動産情報館エージェントより

さらに表示する