不動産購入術 · 25日 11月 2020
住まいを買おうと決心したら、入居するまでどういう流れになるのかを知っておくと、行動計画も立てやすく安心です。今回は、大まかな流れをお伝えします。 仲介物件を買う場合の一般的な流れ ステップ1 希望条件を整理する 住みたい地域、住宅の種類、広さや間取り、入居したい時期などの希望条件を整理しておきましょう。

不動産購入術 · 24日 11月 2020
本日は、エコについて書かれている本でその本の題名は「エコハウス超入門」です。 84の法則と数字で考えコスパで評価と書かれておりますが 本の内容を説明するのはかなりむずかしいので家の購入や新築を建てる人に 参考なるような部分をご紹介いたします。 どんな住まいや室内環境を目指すのかについてでした。

不動産購入術 · 10日 11月 2020
■失敗しない土地を選ぶ際の指標にハザードマップを! 令和2年7月、九州南部を襲った集中豪雨により、そのエリアに住む住宅に大きな被害が発生しました。また、このような被害が出てしまう自然災害が相次いでいます。豪雨や地震で自宅が被災したとき生活再建の支えとなる公的支援策もありますが、そもそもそのような被害を回避するためのヒントがハザードマップの活用だと思います。取り扱いに少し迷われるマップではありますが、不動産購入時には必須のツールだと思います。 個人的には失敗しない土地を選ぶ際の指標になると思います。

不動産購入術 · 09日 11月 2020
不動産を購入や所有することで税金がかかります。 今回は、どんな税金がかかるかと、「自宅」としての不動産を購入した場合に税金の軽減を受けられるケースを簡単にご紹介します。 ▼買うときに一度だけ収める税金

不動産購入術 · 04日 11月 2020
家を購入した後に、手放さなければならないような事態を招かないよう、今回は火災保険の観点から、火災の発生件数や対策についてお話したいと思います。 まず、火災の事故についてですが、年間どのくらい発生しているかご存知でしょうか? 2018年には年間37,981件。 個人的にはかなり多いなという印象でした。皆さんはどのように思われましたでしょうか? そして、ご自身が購入された家が火災で無くなってしまうなんて事がないように、きちんと火の元の確認をしなければと思った方も多いのではないでしょうか?

不動産購入術 · 02日 11月 2020
今回は、建物の防水についてです。 これからの季節、秋の長雨や台風の時期です。 雨の多い季節になってきますと建物に損傷があるのに放置しておくと最悪、雨漏りという事態を引き起こします。 こういった事態を回避するためにも、自宅の建物が完全に防水性を失う前に対応が必要になります。 戸建てにおいて、防水は高額となりがちな修繕のひとつでもあります。 防水の寿命は一般的に10年~20年程度であることから、自宅のメンテナンスの時期と予算を計画しておきましょう。 そろそろ住みだして10年が過ぎ屋根やベランダの防水の状態が気になりませんか?

不動産購入術 · 31日 10月 2020
日本経済新聞が住宅金融支援機構のデーターを調べたところ、20年間で平均年齢が68歳から73歳へと約5歳上がり、昨今は老後に返済リスクを先送りする実態が見えてきました。 完済年齢平均73歳 「高齢化」になった3つの要因 1.晩婚化による住宅取得時期が遅れている...福岡不動産情報館

不動産購入術 · 29日 10月 2020
塀や庇、雨樋の越境 隣地境界とのトラブルの1つに「越境」問題があります。 越境とは、塀や庇、雨樋などが、自分の敷地を超えて、隣地の敷地にはみ出している状態です。 原則としては、越境が発生してしまっている場合には、所有者は隣地の方に越境を解消するよう求めることができます。 庇を引っ込めてもらったり、雨樋の位置を変えてもらったり等の請求をすることになります。 また、塀に関しては、まずは塀自体が誰の所有物であるかを確認することが必要です。

不動産購入術 · 22日 10月 2020
住宅ローンを利用する際に、フラット35も検討される方もいらっしゃると思います。 住宅購入のタイミングとして、ご結婚やお子様が生まれたタイミングなどありますので、ちょうど産休・育休のタイミングで購入を検討されている方も多いと思います。 今まで、住宅金融支援機構のフラット35で借入をする際、産休・育休中はフラット35の利用が出来ませんでした...福岡不動産情報館

不動産購入術 · 20日 10月 2020
確定申告の時期になると、いろんな質問が届きます。なかでも 「4500万円のローンを組んだのに、税務署に控除額は20万円といわれた」 「これっておかしいですよね?」 このような質問もよく受けます。 今回は、お客様が住宅ローン控除(減税)の制度で勘違いされている方が多いので、皆さんにシェアしようと思います。

さらに表示する